多様な居場所が混在する子育て広場

広い公園の中で、子育て世代も含めた様々な人々が気軽に集まれる広場のような居場所をつくります。
街の中や山の中のように、常に変化があり、発見や選択ができる空間が子どもたちの五感を刺激し、豊かな感受性を育むと考えています。また、選択性があることで業務の内容によって場所を選ぶことができ、大人にとっても使い勝手のよい空間をつくることができます。
内部空間でありながらも、街の中を歩くような感覚や、気候や天候の変化を感じられるような建物とすることで多様な居場所ができ、さまざまな使われ方を許容できる可能性に満ちた子育て支援施設を計画します。
子どもにとっては場所を発見する楽しみがあり、大人にとっては活動にあわせて場所を選択できる子育て支援拠点を提案します。

佐久市野沢児童館併設型子育て支援拠点施設整備 公募型プロポーザル ファイナリスト

​​期間:2022.06-08

用途:子育て支援センター、児童館
敷地面積:2,700㎡
建築面積:900㎡

延床面積:1,500㎡
階数:2階
構造:鉄骨造

​​構造設計:川田知典構造設計

​設備設計:建築エネルギー研究所

​共同設計:TATONOA